読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレインの備忘録

プログラミング関係とかをつらつらと。

Android NDK r11cでboost 1.61.0をビルド

NDKでboost使おうと思ったら結構大変だったのでメモ。

まずビルドのやり方を調べてみて、良さげだったのがこのページ。

c++ - How to compile Boost 1.61 for Android NDK 11 - Stack Overflow

ここの2番目のポストのやり方でほぼ完全にうまくいった。

一応簡単にここにもまとめておく。

ビルド準備

MinGW or Linux環境を想定。
NDKが${NDK_ROOT}に、boostが${BOOST}にあると仮定する。

1. gcc, binutilsを入れておく

例えば、Ubuntuなら

$ sudo apt-get install gcc binutils

とか。

2. ツールチェインを準備する

例えば展開先フォルダを${TOOLCHAIN}とすると、

$ ${NDK_ROOT}/build/tools/make_standalone_toolchain.sh --arch=arm --platform=android-19 --use-llvm --install-dir=${TOOLCHAIN}

でツールチェインをエクスポートできる。 –platformは自分の必要に応じて変える。

3. ビルド設定ファイルを準備する

${BOOST}/android.clang.jam ファイルに以下の内容を記述する。(NDK_ROOTやTOOLCHAINは適宜置き換えること)

import os ;
local AndroidNDKRoot = ${NDK_ROOT} ;
using clang : android
:
${TOOLCHAIN}/bin/clang++
:
<compileflags>-fexceptions
<compileflags>-frtti
<compileflags>-fpic
<compileflags>-ffunction-sections
<compileflags>-funwind-tables
<compileflags>-Wno-psabi
<compileflags>-march=armv7-a
<compileflags>-mfloat-abi=softfp
<compileflags>-mfpu=vfpv3-d16
<compileflags>-fomit-frame-pointer
<compileflags>-fno-strict-aliasing
<compileflags>-finline-limit=64
<compileflags>-I$(AndroidNDKRoot)/platforms/android-21/arch-arm/usr/include
<compileflags>-Wa,--noexecstack
<compileflags>-DANDROID
<compileflags>-D__ANDROID__
<compileflags>-DNDEBUG
<compileflags>-O2
#<compileflags>-g
<compileflags>-I$(AndroidNDKRoot)/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/4.9/include
<compileflags>-I$(AndroidNDKRoot)/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/4.9/libs/armeabi/include
<architecture>arm
<compileflags>-fvisibility=hidden
<compileflags>-fvisibility-inlines-hidden
<compileflags>-fdata-sections
<cxxflags>-D__arm__
<cxxflags>-D_REENTRANT
<cxxflags>-D_GLIBCXX__PTHREADS
;
4. boostをビルドする

普通にbootstrapからのb2で。

$ cd ${BOOST}
$ ./bootstrap.sh --with-toolset=gcc
$ ./b2 --user-config=android.clang.jam threading=multi link=static \
  runtime-link=static toolset=clang-android target-os=linux \
  threadapi=pthread --stagedir=android

あとはb2のオプションに -j 8とかつけるとマルチスレッドで処理してくれるので速くビルドできるかも。

ただ、コンパイルが通るやつと通らないやつがあるっぽい。一応手元でチェックしてみた結果がこんな感じ。

atomic - success
chrono - success
container - success
context - fail
coroutine - fail
coroutine2 - fail
date_time - success
exception - success
filesystem - success
graph - success
graph_parallel - success
iostreams - fail
locale - success
log - success
math - fail
metaparse - success
mpi - success
program_options - success
python - fail
random - success
regex - success
serialization - success
signals - success
system - success
test - success
thread - success
timer - success
type_erasure - success
wave - success

しかも上のリストでsuccessになってるやつでも本体のリンク時にエラーが起こったりと、結局実際に使ってみないと使えるかどうか分かんないっぽい。。。